予約・お問い合わせ

医療脱毛は痛い?クリニックと脱毛サロンの違い

医療レーザー脱毛

エステでも医療機関でも脱毛ができるけど、何が違うのでしょうか。友達や会社の同僚が脱毛しているみたいだけれど、詳しく聞けない… そんな方はじっくり読んでくださいね。

  • 脱毛サロンは安くて医療脱毛は高い?
  • 医療脱毛は痛いけど、脱毛サロンは痛くない?
  • 医療脱毛でも、脱毛サロンでもリスクがあるんじゃないの?
  • どれくらい通えば脱毛できる?
  • 脱毛中にNGなこと

 

脱毛サロンは安くて医療脱毛は高い?

1回の料金で比較するとエステの方が安くて、医療機関は高いかもしれません。脱毛費用が安い方が通いやすいかもしれませんが、「何回も通う時間がムダ」と感じたり、「早く毛が生えなくなって欲しい」という方には医療レーザー脱毛が人気が人気です。

 

エステ脱毛と医療脱毛の回数の違い

<エステ脱毛と医療脱毛の回数目安>

エステ脱毛の平均:10回以上

医療脱毛の平均:5〜6回

医療脱毛は、専門の医療機関のみに使用することが許可された医療用脱毛専用レーザー光によって毛根を破壊し、脱毛する方法です。 エステサロンでの脱毛トラブルが多発していたことを受け、厚生労働省も“脱毛は医療機関のみで行うことができる医療行為であり、脱毛を非医療機関で行うことは違法である”との見解を示しています。

エステサロンの脱毛は毛根細胞にダメージを与え毛の成長を減毛する行為なので、毛根を破壊できません。何回も通うことになり、エステ脱毛から医療脱毛に切り替える患者様もいらっしゃいます。

医療脱毛は医師・看護師が施術

エステ脱毛の施術はエステシャンの施術ですが、医療脱毛の施術は国家資格をもつ医師や看護師しか施術できません。万が一のトラブルがあっても安心です。

 

ティーズクリニックなら区民割と平日昼間割があります

エステサロンの脱毛より回数は少ないけれど、何回か通うことになるので駅から近くて便利な場所がいいですよね。ティーズクリニックは錦糸町南口から徒歩3分の便利な場所にあります。

墨田区・江東区・江戸川区・葛飾区にお住まいの方は25%OFFになる区民割があります。平日の17時までに施術が終わる平日昼間割と合わせると35%OFFになります。

 

医療脱毛は痛い?

「エステサロンの脱毛は痛くないけど、医療脱毛は痛い」といわれます。エステが痛くないのは、脱毛機器のパワーを強くできないから痛みも少ないのではないかと思いますが、医療脱毛の痛みと言っても、ゴムで弾く程度の痛みです。毛根を破壊しているのである程度の痛みはあります。痛みの感じ方は人それぞれですので麻酔クリームを使うこともできます。麻酔を使えるのは医療機関ならではです

医療レーザー脱毛の痛みはゴムを弾く程度の痛みと言われます。ゴムを弾く程度でも、腕と顔では違うように体の部分によって違います。

医療レーザー脱毛機は黒色に反応して毛根を破壊します。毛が太いとレーザーのパワーが集中して反応するので痛みを強く感じます。毛が太くて、密集しているとさらにレーザーが強く反応します。毛が太くて、密集して生えていて、皮膚が薄い場合は・・・かなり痛そうですね。

ひげ脱毛やVIO脱毛は、毛が太い・密集している・皮膚が薄いという条件が重なっているので、レーザー脱毛機をあてるとかなり痛みを感じる方が多いです。

「至近距離からゴルフボールをぶつけられているみたいに痛い」とか

「痛みで殺意を感じる」とか男性でも涙が出ている方もいらっしゃいます。

医療機関では「麻酔」ができます!

エステ脱毛は痛くないから、医療脱毛よりエステ脱毛がいいというご意見もありますが、少ない回数で半永久的に脱毛できるのは医療脱毛です。痛みに敏感な方は麻酔クリームで麻酔をしてから施術を受けると痛みがかなり軽減されます。麻酔は医療行為なので、麻酔ができるのは医療機関だけですよ。

麻酔クリームはレーザー脱毛の前に麻酔クリームを塗りその上にラップを巻いて麻酔を浸透させます。普通は30分、痛みに敏感な場合は約40分間、麻酔が浸透するまで待っていただきます。ティーズクリニックでひげ脱毛をされている方は99.9%の患者さまが麻酔クリームをリピートします。

初めから遠慮せずに「麻酔クリーム有りで」とおっしゃってください!

 

脱毛のリスクと副作用

脱毛は毛根部へ熱を入れてダメージを与えます。そのため、肌にも負担がかかりますし、やけどなどのリスクがあります。

特にレーザー脱毛は専門の医療機関のみに使用することが許可された医療用脱毛専用レーザー光によって毛根を破壊し、脱毛する方法です。 エステサロンでの脱毛トラブルが多発していたことを受け、厚生労働省も「脱毛は医療機関のみで行うことができる医療行為であり、脱毛を非医療機関で行うことは違法である」との見解を示しています。
ティーズクリニックは院長が日本熱傷学会専門医ですので、やけどをしないための知識も豊富です。脱毛は正しい処置ができる医療機関が安心です。

 

赤み

レーザー脱毛は黒色に反応した熱によって毛根部を破壊しすることで毛がはえなくなります。レーザー脱毛後は毛根部が熱を帯びて「軽いやけど状態」になるため、肌に赤みやかゆみ、むくみがおきることがあります。

脱毛をした後、数時間から翌日にかけて、赤みやヒリヒリ感が出ることがありますが、正常な範囲内です。保湿をしっかりしましょう。もしも、赤みが続くようなら、施術したクリニックに相談しましょう。

やけど

施術後、7日以上経っても赤みが治らなかったり、色が変わって来た場合はやけどの疑いがあります。医療脱毛なら脱毛したクリニック、エステ脱毛なら病院に行きましょう。
脱毛でやけどが起こる原因としては、「脱毛機器に問題がある」「施術者の技術レベルが低い」「日焼けでメラニン色素が多い状態だった」などがあります。医療クリニックでやけどがおこることは本当に稀ですが、万一の時は脱毛したクリニックに相談しましょう。

 

硬毛化

レーザー脱毛や光脱毛の副作用のひとつとして「硬毛化」する場合があります。「硬毛化」は顔や背中などの産毛や細い毛が、元々の毛よりも太く濃くなってしまう現象です。ティーズクリニックでは硬毛化はほとんどございませんが、硬毛化した毛に対応できる種類のレーザーを備えているので安心してください。硬毛化してしまい自然に治るのを待っている状態の方はティーズクリニックにご相談ください。
永久脱毛はムダ毛の毛根部を破壊する医療行為です。リスクを知って安心・安全な医療脱毛でムダ毛がないスベスベの肌になりましょう!

 

どれくらい通えば脱毛できる?

毛周期
毛周期と医療脱毛間隔

医療脱毛にしようと決めたけど、どれくらいの期間、クリニックに通えば脱毛できるのでしょうか?とにかく早く脱毛してつるつるすべすべになりたい!と思うかもしれませんが、あせらないでください。

医療脱毛で使っている機械はエステ脱毛で使っている機械よりパワーがあるということは1回で終わるのではないか?と思うかもしれません。残念ですが、1回の施術で脱毛した部位のムダ毛が生えてこなくなる訳ではありません。

 

医療レーザー脱毛は黒色に反応して、毛根部を破壊することによって毛が生えてこなくなります。毛穴から毛が抜けてしまっている休止期の毛穴や、毛が細くなっている退行期の毛穴には効果的な脱毛ができません。ムダ毛はいつも同じように生えているように見えますが、周期的に生え変わっているのです。

この毛が生え変わるサイクルを「毛周期」と言います。

 

毛周期

 

毛周期は大きく「成長期」「退行期」「休止期」の3つの期間に分けられます。

成長期は毛穴の奥で毛母細胞が細胞分裂を繰り返して成長を始める成長初期と肌の表面に毛が生え始めて、伸びていく成長後期に分けられます。この成長初期と成長後期がメラニン色素の黒が濃くなる脱毛にベストな時期です。ティーズクリニックで導入している医療脱毛機器では、一度破壊した毛根部が再生することはほぼありません。

 

退行期の毛は成長が止まり、毛が毛根から離れて抜けやすくなっています。引っ張るとスルッと簡単に抜けてしまう毛です。

この時期の毛には医療レーザー脱毛の効果は薄いと考えられます。休止期は毛が抜け落ちていたり、抜け落ちるのを待っている時期なので毛根部を破壊することができません。医療脱毛レーザーを照射しても効果がありません。

 

適切な脱毛サイクルは「おおよそ2ヶ月」

 

体の部位によって毛周期は違います。ワキは2〜3ヶ月、顔は1ヶ月〜2ヶ月、VIOは1.5ヶ月〜2ヶ月の周期です。個人差や毛穴によって差がありますが、どの体の部位もおおよそ2ヶ月の範囲内に入ります。

脱毛を早く終わらせたいと思って毎月脱毛を希望されても、効果がないばかりかお肌がダメージを受けてしまいます。
毛周期に合わせて脱毛をすることで医療脱毛レーザーの無駄打ちや、お肌のダメージを防げます。

脱毛回数を重ねてきたら2ヶ月半おき、3ヶ月おきなど間隔を開けて施術を受けるのもありですよ

脱毛中にNGなこと

 

医療脱毛の効果を上げる方法

 

施術前の注意

医療レーザー脱毛機器をあてる前に脱毛部位の体毛を処理してご来院ください。なぜ、体毛を処理していただくかというと黒色に反応するレーザーが必要以上に反応するのを防ぐためです。肌の表面にある毛にも反応してしまうと肌にダメージを与えてしまう恐れがあるからです。毛根部だけに医療レーザーを反応させるために、体毛を処理していただいています。

 

脱毛部位の体毛の処理方法については、医療レーザー脱毛の効果を高めるためにシェーバーやカミソリなどで剃ってください。脱毛クリーム、ワックス、毛抜きなどは使用しないでください。

 

ティーズクリニックの医療レーザー脱毛の前に毛を剃るのを忘れてしまった!という場合も安心してください。別料金になりますがクリニックで剃毛もしています。

 

施術後の注意点

医療レーザー脱毛をスタートしても、毛周期に合わせて施術を受けてすべての毛根部を破壊するまでは毛が生えます。生えてきた毛は毛抜きで抜いてはいけません!毛抜きで抜いてしまうと毛根部を傷つけて毛周期が狂ってしまいます。毛周期に合わせてスケジュール組んでいても、毛抜きで抜いてムダ毛を処理してしまうと脱毛効果が出にくくなってしまいます。必ずシェーバーで剃って下さいね。

 

脱毛中は日焼けも避けましょう。医療レーザー脱毛は黒色に反応します。日焼けをすると毛根部だけではなくお肌にも反応してしまい、やけどをするリスクが高くなります。必ず、日焼け対策をしましょう。また、日焼けをすると肌が乾燥するので脱毛の痛みを感じやすくなります。

 

レーザー脱毛はレーザーで毛根部に熱を入れて永久に毛が生えないようにする施術です。熱が入ることで脱毛直後の肌は乾燥しやすい状態になっています。レーザー照射後はたっぷりと保湿しましょう。

 

また、肌が乾燥していると痛みを感じやすくなるようです。ティーズクリニックではひげ脱毛をしている男性にも痛み対策としてスキンケアをおすすめしています。

 

心配なこと、ご不安な点があったらお気軽にご相談ください。
墨田区・江戸川区・江東区・葛飾区にお住いの方は通常料金より割引になる区民割があります。さらに17時までに施術が終わる「平日昼間割」もございます。
錦糸町駅から徒歩3分のティーズクリニックに相談ください。

脱毛に関する診療のご予約はこちら

脱毛の料金はこちらからご確認ください。